毛ガニの旬

カニタグ付き

毛ガニは英名「Hair crab 」、中国名は「毛蟹」で日本と同じです。
一般に広く食べられるようになったのは戦後になってからだそうです。

 

毛ガニの旬は冬だけではありません。
一年中どこかで水揚げされています。

 

春はオホーツク海夏は噴火(内浦)湾秋は釧路および根室沿岸冬は日高沖十勝沿岸岩手では12〜3月が漁期となっています。

 

甲長8cm以上のオスのみの漁獲が許可されているので北海道産のメスは食べることができません。

 

オホーツク海は冬は海が流氷で覆われているので、流氷が去る「海明け」(3月頃)から漁が始まり、7月〜8月頃まで続きます。

 

春先に獲れる「若ガニ」は脱皮したてで、身入りが少なくミソも少ないのですが、毛ガニの「通」は、価格も安く、殻も柔らかく、身の甘みが最高の「若ガニ」を好むこともあるそうです。

 

若ガニは夏から秋にかけては身入りが良くカニミソも楽しめる「堅(かた)がに」と呼ばれるものになります。一般的に好まれるのはこちらの「堅ガニ」です。
特に本州では、身入りが重視されるため、味は良くても「若ガニ」は敬遠されるようです。
そして初冬から年末には、寒さから身を守るために毛ガニも脂乗りが良くなります。

 

毛蟹は大きさが、重さ400g〜600g 甲羅の直径が10cm 前後のものが美味しいとされ、それ以上大きくなると「老ガニ 」といって味が落ちると言われています。
毛蟹が体重500g になるのに約10年も掛かります。
残さず隅々まで味わって楽しみたいものです。

毛蟹を買うならココ!毛蟹通販ランキング


毛蟹といえば北海道!
北海道のカニの卸が運営しているのが北釧水産です。

 

活(生きたままの毛蟹)を発送していることから分かる通り、新鮮さが違います。

 

浜茹でした毛蟹も、長年の技術でとてもおいしいので、茹でるのが面倒な方にはおすすめします。 

 

北釧水産


「北海道長万部産黄金毛ガニ」

北海道・長万部(おしゃまんべ)産の毛蟹を通販で購入できるのは今のところ美食市だけです。

 

漁獲制限が厳しいので、獲れる量はとても少ない幻の国産毛蟹。
かにみその色が黄色で茹であがった甲羅も黄金色になるから黄金毛ガニと呼ばれています。

 

希少でありながらお値打ち価格で購入できるのもうれしいですね。 

 

かにまみれ

かに吉

かに吉も北海道のカニ卸業者が運営しているカニ通販です。

 

熟練したカニ職人によって1つ1つ丁寧に茹でられた茹で蟹は一度味わってみる価値アリです。 

 


かに吉 

 

 

 

かに通販ランキングおいしさ重視編)はこちら