ズワイガニの旬(ニセモノに注意)

カニタグ付き

ズワイガニは漁期は新潟県以北の海域:雌雄とも10月1日〜翌年5月31日
富山県以西の海域:雌ガニの漁期は11月6日〜翌年1月10日、雄ガニの漁期は11月6日〜翌年3月20日です。
旬はズバリ冬!と言いたいところですが、それは日本海のズワイガニです。
北海道、特にオホーツク海ではズワイガニの旬は春の4〜5月です。

 

ズワイガニの漁獲高は
第1位 - 境漁港(鳥取県)
第2位 - 香住漁港(兵庫県)
第3位 - 岩崎漁港(青森県)
第4位 - 能生漁港(新潟県)
第5位 - 越前漁港(福井県)

となっております。
地域によってブランド化されていて様々な呼び名があります。
ブランドによって、色違いのタグが付けられています。

 

 

松葉ガニ
山陰・日本海側(島根県、鳥取県、兵庫県、京都府)で水揚げされた「ズワイガニ」の総称です。
松葉ガニの中でも
◎「津居山ガニ」 兵庫県の津居山港 
◎「隠岐松葉ガニ」 島根県の隠岐諸島(おきしょとう)近海
◎「鳥取松葉カニ」 鳥取県
◎「間人ガニ」 京都北部の丹後半島にある間人(たいざ)港
と細かくブランドがあります。
あと

 

越前かに
福井県沖

 

加能ガニ(かのうガニ)加能ガニ(石川産ズワイガニ)
石川県沖等があります。
これらはオスの蟹の呼び名で、メスは

 

「せいこがに」 
福井県

 

「香箱ガニ」 
石川県

 

「セコガニ」「親蟹」 
山陰地方

 

と呼ばれます。
あと甲羅によく付着している黒いつぶつぶはカニビルの卵で、これが付着しているカニは脱皮後の時間が長いので、たっぷり身入りしている目安と言われています。
それからズワイガニの中でも「紅ズワイガニ」はブランド蟹と偽って売られていることがあり、問題になりました。

 

紅ズワイとズワイガニは漁獲高が全然違うため、現地で買っても10倍以上の価格差になる事もあります。
ブランドタグは偽装カニの防護策の意味合いもあります。
紅ズワイガニは不味い訳ではありませんし、紅ズワイガニの方がブランドのズワイガニより美味しいと言う地元の漁師さんもいます。
ただ、美味しく食べるには、調理が難しいのと、身入りが少なく繊細な味なので、「雲泥の差」とおっしゃる方が多いのも事実です。
ですが、こちらも素人が見分けるのは難しいです。

 

「紅」と言われるぐらいで、加熱するとズワイガニより赤いのと比較的小型で軽いのが違いです。

 

あと漁期が秋から春、9月1日〜6月30日とズワイガニの漁期の倍以上長いので、
オスのズワイガニの漁期11月6日〜3月20日以外の時期で、「活」で売っている物は、偽物か、生け簀で痩せた美味しくないカニです。

ズワイガニを買うならココ!ズワイガニかに通販ランキング

活?2 カニ.com(いきいきかにどっとこむ)

松葉ガニ

ズワイガニの中でも最高ランクのものと言えば松葉ガニ。

 

その松葉ガニを活きたまま産地から直送してくれるのが「いきいきかにどっとこむ」です。

 

地元で買ってもかなり高価な松葉ガニですが、「足不揃い」を選べばかなりお得に購入できます。 

 

 

いきいきかにどっとこむ

北釧水産


北海道なので毛蟹やタラバガニで有名なカニ通販ですが、しゃぶしゃぶ用のズワイガニも好評です。

 

すでにむき身になっているので、カニをさばく必要がなく、手軽にカニしゃぶを楽しむことができます。

 

本ズワイ、紅ずわい、蟹爪があります。

 

 

北釧水産 

かに吉

かに吉

かに吉のズワイガニは北海道のさらに北、間宮海峡産。
 
ズワイガニといえば本州の日本海側がほとんどなので、かなり希少なズワイガニとなります。

 

間宮海峡産は大きく身入りがしっかりしていることでも知られています。

 

 

かに吉 

 

 

とにかく美味しさで選んでみました。カニ通販ランキング