ワタリガニの旬

ワタリガニはガザミとも呼ばれ、一番漁場も広く(北海道南部から九州)、通年で食べられます。
特に青森県、秋田県、三河湾、瀬戸内海、有明海などで獲れるモノが有名です。
足の先がひれの形をしていて、海を泳ぎ渡るのでワタリガニと呼ばれるようになったとか。
太平洋岸では秋から冬日本海側は春から秋が旬で、瀬戸内海で特に多く食べられています。
メスは冬から春にかけては甲羅の中に内子が詰まり、絶品です。
足に身が少ないので、料理の素材としてパスタ等に使われる事も多いですね。

 

 

他にもカニは色々。コスパで選ぶカニ通販ランキング